top of page
TIME+ ▶︎ Works ▶︎ 狭小変形地に建つ地下室の家

狭小変形地に建つ地下室の家

DSC_7049.jpg

​scroll

道路向かいに小学校があり、校舎は校庭を挟んだ先に在る為、住宅街にも関わらず開放的な土地にある社宅の建て替えをきっかけに、子育てのしやすい環境の住まいをご希望されていたH様。56.71㎡(17.12坪)と狭小地という敷地の特性を鑑み、最大限の建物の高さと床面積を確保すべく、道路と敷地の高低差を活かした地下付き住まいになりました。玄関ホールに2階へ上がる階段と地下階へ降りる階段を設け、狭小物件を成立させるロスの無いゾーニングを形成しています。LDKはバルコニーは設けず、可能な限り室内の空間にし、屋根型に合わせて天井を上げ、皆が集まる空間は一番心地よい空間に感じることのできるお住まいになりました。

DATA

お客様名

所在地

​家族構成

間取り

延床面積

敷地面積

​工法

:H様

:東京都

:3人家族

:3LDK

:83.46㎡

:56.71㎡

:木造軸組み

一部コンクリート造

#2階建  #子育て  #2階リビング  #収納 #〜30坪  #木造軸組工法  #Natural

GALLERY

bottom of page